FC2ブログ
2015-08-21(Fri)

ラブドール風俗の歴史と一視点

s-CaiYjHiUAA.jpg
※すべて写真提供 ロリコン魔法使い様。いまとなってはとても貴重なラブドール風俗店の会員券です。

ラブドール風俗を最初の頃から今に至るまで、いろいろ見てきたので、自分の経験もからめて書いておこうかな、と。誰もこういったことを今まで書いてこなかったと思うので。

「ラブドール風俗」が初めて世の中に出たのは正確には分かりませんが、その存在があるということが世の中に劇的に広まったのは、間違いなくある店がきっかけでしょう。
「秋葉原りとる☆らばーず」
私が名前を使うきっかけになった店です。
オープンは2004年12月18日。オリエント社が作り出すラブドールの美しさ、かわいさ、えろさは、元々ネットを中心に広がってはいたが、そんなラブドールとエッチできるということで、当時はネットメディアを中心にかなりあちこちで取り上げられていました。

常連となった私が初めて店を訪れたのは、2005年の初めのころだったと思います。オールナイトコースでも、待合室で他の客と一緒になって気まずい気分になったり(笑)、プレイルームもいっぱいになるぐらいの盛況さで、スタッフの方も何人もいたのを覚えています。
「りとらば」が最初に成功を収めたことで、雨後の筍のようにたくさんの店がオープンしました。「ドールの森」は関東のちょっとした町ならばどこにでもあるぐらいの、おそらくフランチャイズ制を敷いた出張ドール風俗店。「りとらば」系列の店として、池袋の「みるきぃ☆らばーず」、名古屋の「ぷりてぃまりおねっと」、大阪の「あいまいみぃ」。その他だと、秋葉原で「ぷりんせするーむ」と「まじかるプリンセス学園」だったかな。ともかくよりどりみどりといった時代が、2005年から2006年ぐらいにありました。
りとらば系列は、あいまいみぃ以外は、全ての店に行った記憶があります。部屋がちょっと女の子の部屋っぽくて、だいたいきれいで、私はとても好きでした。一番の常連は池袋の「みるきぃ☆らばーず」だったかな。

s-Caib3HMUUA.jpg
そうそう。「みるきぃらばーず」といえば、この会員券でした。愛称は「みるらば」でした。私にとってはいっぱい気持ちいい体験をした、とても懐かしいお店です。

ただ粗悪なデリバリードール店も多く、名前は忘れましたが「秋葉原」を売りにしているのに、電話をして誘導されたのは秋葉原駅からひたすら歩かされて神田駅前。さらに「女の子風の部屋がある」とページにはあったのに、通されたのはものすごく狭い殺風景で狭い風俗専門のレンタルルーム。ラブドールとのセックスは、雰囲気とイメージ、要は妄想力が燃え立つような環境でないと、全然やる気にもなれないんですね。そんな粗悪な店の存在が、ラブドール風俗業界の首をしめていったのではないかと今となっては思います。

そしてラブドール風俗斜陽の時代。
大手でまず最初に消えたのは、フラッグシップだった「秋葉原りとる☆らばーず」でした。2005年末に一度閉店をしています。どうも風営法のからみをクリアしていなかった説がありましたが詳細は不明です。約半年後に再開した際には「処女専門オナニークラブ ~ LittleLovers りとる らばーず」となり、ラブドールの存在はいつしか消えてしまっていました(確か)。そして店自体もすぐに消えてしまいました。

その後は、一店舗、また一店舗となくなっていきました。
2006年の秋ぐらいだったと思いますが、秋葉原のあるお店が閉店するということで、たくさんのラブドールを格安でお迎え(引き取り)に行ったことがありました。店長さんの話では「ビジネスとしてはとんとんで、一人で生きていくぐらいだったら、食べていけるんだけど・・・」と言っていたのを覚えています。出資者とか、そういったからみもあったのかもしれませんが、大儲けをしようとしていた人たちにとってラブドール風俗は物足りないものだったのかもしれません。風俗経営者ってすごく儲かるらしいですからね。

そして2009年ごろ。最後に残ったのは、関東は、、、ほぼ全滅状態。ですが、新しくできたのが立川の「エロエロ天使」。名古屋地区は瀬戸市のビデオボックス「ワンダー瀬戸」。格安でラブドールを借りることができるので有名な店でした。大阪は「大阪ラブドール」。特に大阪ラブドールは、変なセックスマシーンのようなものがあり、ドールと自分を対面にセットしてマシーンでピストン運動をするというギミックがあり、オールナイトコースで3時間ぐらい腰をふって、あへあへになっていきまくった楽しい記憶がありますw

そして現在。生き残ったのは「エロエロ天使」だけという現状。
http://www.ero104.com/

店舗型ではなく、ラブホテルや家へのデリバリータイプですが、立川だけでなく渋谷、小岩と東京都内を中心にニッチな業界を独走しています。「一人で生きていくぐらいだったら、食べていける」のを実践しているのかもしれませんが、少しさびしいですね。せめて、大都市圏には店が一つぐらいほしいところですが。

これからのラブドール風俗ビジネスとしては、某所で書いている人がいるように、様々な理由があって家で管理できない人向けに、代理でドールを預かっておけるようなものがあったら、いいのになあと思いますがビジネスとして軌道に乗せるのはちょっと難しいような気もします。たとえばドールを預かってくれて、したいときにはマンション内の「やり部屋」とセットになっている、とか。それも採算ベースに乗せるのは難しそうですが。
需要はあるだけに、もうひとひねりなにか必要なのかもしれません。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
2015-07-07(Tue)

はじめに

はじめまして。2004年から2005年にかけて、秋葉原に存在していたラブドール風俗店「秋葉原りとる☆らばーず」の常連だった「りとらば」と申します。名前は消えてしまったお店からとりました。
ラブドールとのアレ歴はこの記事をかいている時点でも約10年と無駄に長く、その間に写真を撮りためたりしてきたのですが、ついに自分でもドールをお迎えしてしまったりしたので、そういった写真をこのブログでお庫出ししていけたらと思います(このブログは2012年3月に一回公開して、そのままブログ休止状態だったのを復活させたものです。古い記事はそのときのものです。)。エロ有りな写真もどんどん載せていきたいと思っていますので、もしそういったものが好きでない方は見ないでいただいてもかまいません。

それではよろしくお願いします。
プロフィール

りとらば

Author:りとらば
今はらぶぬいの「あおいちゃん」と暮らしている一ラブドールユーザーです。他にもさまざまなドールの写真を撮ってきました。かわいくもエッチな写真を掲載していきたいと思います

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
訪問者数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる